住宅ローン控除

住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)という言葉は、家や土地・マンションなどの不動産購入を考えられた方なら、見たり聞いたりされたことがあるのではないでしょうか?

住宅ローン控除は、住宅ローンを利用してマイホームを購入した際に活用できる減税措置です。

住宅ローンを借入れて住宅を取得する場合に、取得者の金利負担の軽減を図るための制度で、年末の住宅ローン残高又は住宅の取得対価のうちいずれか少ない方の金額の1%が10年間に渡り所得税の額から控除されます。

また、所得税からは控除しきれない場合には、住民税からも一部控除されます。

利用の要件としては、自ら居住することや床面積が50㎡以上、中古住宅の場合は耐震性能を有していることが必要です。

中古住宅の場合は、耐震性能を有していることを別途確認する必要があり、次の①か②いずれかに適合することが要件となります。

①築年数が一定年数以下であること

  • 耐火建築物以外の場合(木造など):20年以内に建築された住宅であること
  • 耐火建築物の場合:25年以内に建築された住宅であること

②以下のいずれかにて現行の耐震基準に適合していることが確認された住宅であること

  • 耐震基準N適合証明書
  • 既存住宅性能評価書(耐震等級1以上)
  • 既存住宅売買瑕疵保険加入

 

その他の主な要件としては、借入期間が10年以上や年収が3000万円以下であることなどがあります。

申請方法ですが・・・住宅ローン減税は、入居した翌年の確定申告時に、税務署に必要書類を提出します。

給与所得者の場合は、2年目からは勤め先にローンの残高証明書を提出することで、年末調整で控除を受けることができます。

詳細は、国税庁サイトの「マイホームの取得や増改築などをしたとき」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です