不動産売却で消費税は?

2019年10月より消費税が現行の8%から10%になりますね。
家や土地やマンションを売却したいと思っている方、検討されている方に参考にしていただければと思います。

消費税が上がっている

消費税とはそもそも何なのか?
国税庁のサイトを見ると以下の記載があります。

「消費税は、特定の物品やサービスに課税する個別消費税とは異なり、消費に広く公平に負担を求める間接税です。
消費税の課税対象は、国内において事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡、貸付け及び役務の提供と外国貨物の引取りです。
この消費税は、生産及び流通のそれぞれの段階で、商品や製品などが販売される都度その販売価格に上乗せされてかかりますが、最終的に税を負担するのは消費者となります。」

ここまで読まれた方は、結局不動産を売った時に消費税はかかるの?かからないの?とイライラされているかもしれませんね^^;
それでは、ズバリ回答します! 

不動産を売却した際に消費税はかかります!

しかしながら個人間の売買の場合、消費税が課税されるのは仲介手数料のみです。
1000万円の取引の場合の仲介手数料は、360,000円です。
この金額に対して課税されますので、8%で28,800円、10%で36,000円です。
その差は7,200円ですので、そんなに驚く数字ではないかと思います。
もちろん取引される売買金額によって仲介手数料が変わりますので、取引価格が高くなると消費税も高くなります。

消費税が8%から10%に

もし取引する物件に抵当権がある場合には、抵当権抹消登記が必要になりますので、その費用に関して消費税がかかります。
費用の目安としては、登録免許税という税金が1つの不動産物件について1,000円です。
一戸建てだと土地と建物で2物件となるので 2,000円となります。
その他、司法書士への実費や報酬費用が必要になりますが、合わせて20,000円以内でしょうから、消費増税による負担は少ないと思います。

さらに、売主様が リフォームや解体をして売却される場合です。
解体費用に2,000,000円かかったら、消費増税分として40,000円が違ってきます。

以上となります。
売主様(業者ではない一般の方)にとっては、そんなに影響がないと言われている消費増税ですが、いかがでしたでしょうか?

消費税が家・車・家電・日用品に

住み替えの場合は色々な物を購入するので、なるべく安くしたい方は早めにお考えいただいた方が良いですよ。