マイホームを売った時の特例

不動産を売却した際の税金は、気になるところですよね。

譲渡所得税の特例について記載します。

マイホーム(居住用財産)を売ったときは、所有期間の長短に関係なく譲渡所得から最高3000万円まで譲渡所得控除ができる特例があります。

これを、居住用財産を譲渡した場合の3000万円の特別控除の特例といいます。

特例を受けるための条件ですが、住まなくなった日から3年を経過する日の属する年の年末までに売ることになっています。

また住んでいた家が空家になった後に建物を解体した場合は、更に下記2つの条件が追加されます。

1、その敷地の譲渡契約が、家屋を取り壊した日から1年以内に締結され、かつ、住まなくなった日から3年を経過する日の属する年の年末までに売ること。

2、家屋を取り壊してから譲渡契約を締結した日まで、その敷地を貸駐車場などその他の用に供していないこと。

このマイホームを売ったときの特例は、この特例を受けることだけを目的として入居した場合や、仮住まいとして使った家屋など、一時的な目的で入居したと認められる家屋、別荘など趣味・娯楽又は保養のために所有する家屋には、適用されません。

詳細は、国税庁サイトのマイホームを売ったときの特例をご覧ください。